ベルーナグルメ母の日特集母の日にカーネーションを贈る理由は?色別のカーネーションの花言葉

母の日にカーネーションを贈る理由は?色別のカーネーションの花言葉

母の日にカーネーションを贈る理由は?色別のカーネーションの花言葉

母の日のお祝いに欠かせない花、カーネーション。
ピンクや赤といった色が一般的なイメージですが、実はこのカーネーション、青や紫、黄色など、その配色は多岐に渡ります。
ポジティブな意味を持つ母の日にふさわしい色、また不向きな色、その色によって込められた意味合いはさまざま!
そんなカーネーションの花言葉について、由来とともにご紹介します♪

母の日にカーネーションを贈るのはなぜ?

「母の日」は、1910年 ウェストバージニア州での出来事が発端になったといわれています。

アンナ・ジャービスという女性が、彼女の母親であるアン・ジャービスが亡くなった2年後の1907年5月12日に追悼会を行いました。このときに母が昔好きだった「白いカーネーション」を参列者に配ったことがきっかけとなり、カーネーションが「母を想う花」のシンボルとして認識されるようになりました。
やがてその話題がアメリカ全土に広がり、ついに1914年にはウェストバージニア州の知事が「5月の第2日曜日を母の日にする」と宣言。

この日をもって正式に 「母の日」が制定されました。

カーネーションってどんな花?

カーネーション
科・属 ナデシコ科・ナデシコ属
和名 カーネーション
英名 carnation
学名 Dianthus caryophyllus
原産地 南ヨーロッパ
開花期 西アジア 2月~5月

カーネーションはナデシコ科の多年草で、花期は2月~5月です。
母の日の贈り物としては切り花が使われることが多いですが、近年は鉢花のカーネーションも店頭に並んでいます。
一般的に人気があるのは情熱的な赤いカーネーションやかわいらしいピンクのカーネーション!
この他にも、白や黄色、オレンジ、青、紫など、たくさんの種類があります。

色によって違う!カーネーションの花言葉

母の日にぴったりのポジティブな花言葉、そして贈り物にはなるべく避けたいネガティブな花言葉・・・。
カーネーションの各色に込められた花言葉をご紹介していきます♪

ポジティブな花言葉
「母への愛」「母の愛」「真実の愛」
ピンク 「感謝の心」「あたたかい心」「美しい仕草」「気品」
オレンジ 「情熱」「熱烈な愛」「清らかな慕情」
「気品」「誇り」
「永遠の幸福」

赤いカーネーションの花言葉

赤いカーネーションの花言葉

「母への愛」「母の愛」「真実の愛」 子供から母への愛情は無償の愛、「真実の愛」と言えるのではないでしょうか?
「カーネーション」といわれて「赤」をイメージするのも納得できる花言葉です。

ピンクのカーネーションの花言葉

ピンクのカーネーションの花言葉

「感謝の心」「あたたかい心」「気品」「美しい仕草」 お母さんにとにかく「ありがとう」を伝えたい方にはピンクがオススメ♪
花言葉に「感謝の心」がありますが、それ以外の「あたたかい心」「気品」「美しい仕草」、どれをとっても、嬉しい気持ちになる素敵な花言葉です。

オレンジのカーネーションの花言葉

オレンジのカーネーションの花言葉

「情熱」「熱烈な愛」「清らかな慕情」 「一途な想い」を表現するオレンジ。「情熱の赤」よりももっと熱烈な感じがしますね。
オレンジ自体が暖かくて明るい色ですから、お母さんを元気づけたいときにもオススメです♪

紫のカーネーションの花言葉

紫のカーネーションの花言葉

「気品」「誇り」 優雅さ、優美さを連想させる素敵な花言葉です。
いつもシャンと背筋を伸ばして頑張ってくれているお母さんに似合いそうな、上品な色ですよね。
紫のカーネーション自体が珍しいので、びっくりしてもらえるかも・・?

青いカーネーションの花言葉

青いカーネーションの花言葉

「永遠の幸福」 「幸福を贈る」という素敵な花言葉をもつ青いカーネーション。
いつまでもお母さんの健康と幸せを願う、子供の健気な気持ちが伝わってきますね♪

ネガティブな花言葉
「亡き母を偲ぶ」「私の愛情は生きている」「尊敬」
黄色 「軽蔑」「嫉妬」
濃い赤 「私の心に哀しみを」

白いカーネーションの花言葉

白いカーネーションの花言葉

「亡き母を偲ぶ」「私の愛は生きている」 「母の日」のルーツにふさわしい、故人への想いを持つ色。
「今でも亡くなったお母さんを愛し、尊敬している」という意味です。
亡くなった方へ贈る色ですので、生きているお母さん、お義母さんにプレゼントするのは避けたほうがいいかもしれません・・。

黄色のカーネーションの花言葉

黄色のカーネーションの花言葉

「軽蔑」「嫉妬」 明るくて可愛い黄色ですが、花言葉を知ったらびっくり!
「母の日」に贈る花としてカーネーションの色を選ぶときは、黄色以外のものを贈るようにしましょう。

濃い赤のカーネーションの花言葉

濃い赤のカーネーションの花言葉

「私の心に哀しみを」 子供が母に与える悲しみと考えると、一番は「永遠の別離」でしょうか・・・?
プレゼントする花としては、少し悲しい印象を与えてしまいます。

おまけ:カーネーションの手入れ方法

切花は、水あげ、花持ちともに良いので特に問題はありません。

注意すべきは、鉢植えのカーネーション!
日当たりの良い場所に置き、土表面が乾いたらこまめに水をやりましょう。
高温と湿気に弱いので、風通しがよく雨に当たらない場所で育てるのが良いそうです。

肥料は春から秋にかけて、2ヶ月に1回ぐらいのペースで与えます。
つぼみが多くつきすぎると一つひとつに栄養が行き渡らなくなってしまうので、生育期間中は液体肥料を使用してください。
大きな花を数輪だけを残して、他のつぼみを間引いてやることがうまく咲かせるコツです!

まとめ

・ポジティブな花言葉を持つカーネーション・・・赤、ピンク、オレンジ、紫、青
・ネガティブな花言葉を持つカーネーション・・・白、黄色、濃い赤

母の日にカーネーションを贈る場合はぜひ参考にしたい花言葉ですが、「母の日にカーネーションを贈る」という心遣いだけできっとお母さんは嬉しいはずです。
ちょっとしたプレゼントやメッセージカードを添えて、ぜひ日頃の感謝を伝えてみてくださいね♪

母の日お役立ちコラム一覧