ベルーナグルメ 【お酒の適量ってどれぐらい?】正しい飲み方を調べてみよう!

【お酒の適量ってどれぐらい?】正しい飲み方を調べてみよう!

【お酒の適量ってどれぐらい?】正しい飲み方を調べてみよう!

クリスマスや忘年会…何かとお酒を飲む機会が増える冬。

皆さんは自分にとっての「お酒の適量」を知っていますか?

実は、体重や性別、年齢やアルコールの分解能力などの違いなどにより、アルコールの適量には、かなり個人差があるんです!

自分の適量を知って、お酒と正しく付き合いましょう♪

お酒の適量は?

厚生労働省が推進する国民健康づくり運動「健康日本21*」によると、「節度ある適度な飲酒量」は、純アルコールで1日当たり平均約20g程度!
また、一般的に女性は、男性に比べてアルコール分解速度が遅いため、男性の1/2~2/3程度の飲酒が適当であると考えられています。

純アルコール20gに相当する酒量

ビール 中瓶1本(500ml)
日本酒 1合(180ml)
ウイスキー ダブル1杯(60ml)
焼酎(25度) グラス1/2杯(100ml)
ワイン グラス2杯弱(200ml)
チューハイ(7%) 缶1本(350ml)

純アルコール量を計算してみよう!

上記のような「目安」ではなく、「自分の飲酒量をきっちり守りたい!」という場合もあるかもしれません。
おおよその目安にはなりますが、下記の計算式を使えば、アルコールの比重も考慮した純アルコール量を算出することができます♪

お酒の量(ml) × アルコール度数/100 ×0.8(アルコールの比重)= 純アルコール量(g)

例えば、アルコール度数5%のビールロング缶1本(500ml)に含まれる純アルコール量は、
500ml × 5/100(=5%) × 0.8 = 20g となります。

ちなみに、厚生労働省が発表している「健康日本21(第二次)**」によると、「生活習慣病のリスクを高める飲酒量」は1日当たりの純アルコール摂取量が「男性で40g以上、女性で20g以上の人」と定義しています。
自分の適量を守って、飲みすぎにはくれぐれも注意しましょうね!

正しいお酒の飲み方

適当な飲酒量を理解していても、その日の体調やコンディションによって「お酒の回り具合が左右されてしまう」という方も多いのではないでしょうか?
同じ飲酒量でも、飲み方を間違えてしまうと、酔いが早く回ってしまうもの。
「正しいお酒の飲み方」=「適正飲酒」の知識を身につけ、楽しくお酒を飲みましょう♪

すきっ腹で飲まない

空腹時は胃が空っぽのため、お酒を飲むとあっという間にアルコールが吸収され、悪酔いの原因になります。
また、胃壁を守るものがないため、強いお酒は胃の粘膜に直接ダメージを与えてしまいます

ゆっくりと、食事と一緒に

お酒を飲む人の中には、「飲みながら食事を取らない」という人もいます。
でも、その飲み方はNG。
体を壊してしまう原因になります。お酒は食事と一緒に嗜むことを習慣づければ、飲み過ぎの予防にもなりますよ

休肝日をつくる

毎日お酒を飲むと、肝臓に負担をかけてしまいます。
加えて、胃や腸といった消化管の粘膜が荒れてしまうことも!
週に2日程度の休肝日を作り、肝臓を休ませましょう

強いお酒は薄めて飲む

ウイスキーや焼酎などのアルコール度数の高いお酒は、胃腸への刺激が強い上に酔いが回りやすいため、肝臓への負担も高まります。
水などで薄めて、ゆっくり楽しみましょう。
チェイサー(アルコール度数の高い酒を飲む時に、口直しに飲む水のこと)は口の中をすっきりさせるとともに、アルコールによる胃への刺激を和らげる効果があります。

「酔い」状態は血中濃度で判断できる!

「酔い」の状態は、アルコール血中濃度によって6段階に分けられています(下表参照)。

楽しくお酒を飲めるのは「ほろ酔い期」の段階まで。
大脳の働きが抑えられることによって、本能や感情を司る部分の働きが活発になり、解放感を感じたり、陽気になったりします。

しかし、アルコールの量が増えるに従って、脳の麻痺も進んでしまいます。
「酩酊期」になると知覚や運動能力が鈍り、繰り返し同じ話をしたり千鳥足になったり…。
さらに飲酒が進み、「昏睡期」になると、麻痺は脳全体に及び、呼吸困難に陥り、最悪の場合には死に至る危険性もあります。

アルコール血中濃度の求め方

アルコール血中濃度の目安は次の簡易式で求めることができます。

アルコール血中濃度の求め方

ほろ酔い状態を覚えておこう!

「アルコール血中濃度」も、自分にとっての適量を知る上で有効な方法の一つです。
実は、お酒が楽しく健康的に飲めるとされるのは、アルコール血中濃度0.1%程度まで。
酔いの進み方には個人差があるため、酔いの状態は人によって異なりますが、下図を参考に酒量の目安を把握しておくことが大切です。

ほろ酔い状態を覚えておこう!

少しずつ飲みたい方には720mlの日本酒セットがおすすめ!

「旨い酒が飲みたい」では利き酒師厳選の720mlの日本酒セットをご用意しております!
毎日少しずつ、全国の美味しいお酒をお手軽にお楽しみいただけます。
ワイングラスで飲む純米大吟醸6蔵 ワイングラスで飲む純米大吟醸6蔵

毎日少しずつ飲んでいただくことをイメージして、「月、火、水、木、金、土」(日は休肝日)をモチーフに720mlの純米大吟醸をセットにした商品に仕上げました。ラベルにもこだわっておりますので、プレゼントやインテリアにもお使いいただけます。
■内容量:720ml×6本

【プレゼント付!驚きの50%OFF!!】特割!全国10酒蔵の大吟醸飲みくらべ10本組 【プレゼント付!驚きの50%OFF!!】特割!全国10酒蔵の大吟醸飲みくらべ10本組

お客様からの「もっとたくさんのお酒を飲みくらべたい。」というご要望にお応えするため、各蔵元と交渉を重ね、この価格での大吟醸(720ml)10本飲みくらべを実現いたしました。ちょっとした贈り物にもピッタリです!
■内容量:720ml×10本

まとめ

おいしい食事に楽しい会話…時間が進んでいくにつれ、「知らず知らずのうちに酔っ払ってしまっていた!」なんてこともしばしば。
これからの季節、忘年会や正月、新年会と、お酒を飲む機会も増えると思います。自分の適量と体調を考えて、楽しくお酒を嗜みましょう♪

* 参照:国民健康づくり運動「健康日本21」(出典: 厚生労働省HP
** 参照:「健康日本21(第二次)」(出典: 厚生労働省HP

お酒お役立ちコラム一覧