お客様がご利用のパソコンは、ベルーナネット推奨環境ではございません。
メニューから「ツール(T)」 > 「インターネットオプション(O)」 > 「セキュリティ」タブを押し、
「すべてのゾーンを既定のレベルにリセットする。(R)」をクリックして「OK」ボタンを押してください。
(詳しくはヘルプをご覧ください。)

2014年ノーベル平和賞の晩餐会で供されたモーゼル“天国の畑”のワイン グラーハー・ヒンメルライヒ・リースリング・シュペトレーゼ'15 リースリング名品の宝庫モーゼル モーゼルワイン
 全長550㎞のモーゼル川は北に向かって流れ、ライン川に合流するまで、東西に蛇行を繰り返します。そのため、川岸の斜面は南向きが多くなります。10以上の支流があり、その川沿いには銘醸村がひしめき、ぶどうの栽培総面積は約8800ha。主にリースリングのワインが造られています。しかし、モーゼル地域は南北に長く、また川の上流、中流、下流は地形と土壌も異なるので、ワインのタイプ、味わいにもさまざまな個性が生まれます。

モーゼルワイン
モーゼルワインの代表格 ベルンカステル地区
 モーゼル川中流にあるベルンカステル地区(ベライヒ)。急斜面にある畑は粘岩板質で、その上をシーファーというスレート状の石が覆っています。
その特殊な土壌から、モーゼルを代表するフルーティーで豊かな芳香を持つワインが造られます。
モーゼルにはベライヒが6つあり、そこから19のグロースラーゲ(統合畑)に分けられ、さらに、478のアイツェンラーゲ(単一畑)に細分化され、この単一畑はブルゴーニュのグラン・クリュ(特級畑)に相当します。

モーゼルワイン
名村グラーハーにある天国という名の特級畑
 ベルンカステル地区にあるグラーハー村に、特級畑ヒンメルライヒ(天国という意味)があり、ドイツ国内でもトップクラスの名門醸造家が集まっています。畑はモーゼルの特長である急斜面にあり、すべて南向き。
直射日光と川からの反射光を受ける理想的な条件が揃っています。土壌には錫が多く含まれ、独特のミネラル感をワインに与えます。
畑上に育成する山の並木は、冷風に対する防護壁となってぶどう樹を守ってくれています。
ドイツ屈指の高品質リースリング S.A.プリュム醸造所
アラルディカは、ピエモンテのワイン生産者の中でもっとも大きな協同組合です。クラウディア・マネラと彼の妻レーラを中心に、家族経営の小さなワイナリーが力を合わせて、このバローロとバルバレスコを造っています。より多くの人にワインを楽しんで飲んでもらいたいという信念のもと、房一房手摘みで収穫されたぶどうで、丁寧に仕上げられます。特にバローロは、2009ヴィンテージでデキャンタ・ワイン・アワード86ポイントを獲得。
マイワインクラブでは販売開始から、イタリアワインの中で常に売上げ上位をキープしています。コストパフォーマンス抜群のバローロ&バルバレスコをぜひお楽しみください。
高品質ワインの証 VDPマーク
高品質ワインの証 VDPマーク
ドイツワインにはVDP(ファウ・デー・ペー)という、100年以上の歴史を持つ民間団体があります。日本では、「ドイツ高級ワイン生産者連盟」「ドイツ優良醸造者連盟」と呼ばれ、ドイツのワイナリーの中でも卓越した生産者の集まりです。加盟数は現在およそ200。VDPのぶどう畑は全体の約5%、生産者はわずか0.2%という希少価値の高いワインになります。環境への配慮、伝統的な製法の順守など、厳しい条件を満たしたワイナリーだけが加盟できるため、優良なドイツワインを見分ける基準にもなっています。
ノーベル賞の晩餐会のワインはどう決まる?
平和賞が行われるノルウェーは、アルコールの取締まりがとても厳しい国。ビールなどのアルコール度数の低いものはスーパーなどで買えますが、ワインや蒸留酒は専売公社が管理、販売しています。したがって晩餐会で供されたワインも専売公社によるセレクトです。祝席なのでシャンパーニュは欠かせませんが、ボルドーの格付けシャトーは必ずしも登場しません。旧世界、新世界問わず、“知る人ぞ知る”銘醸ワインが振る舞われます。
ノーベル賞の晩餐会のワインはどう決まる
グラーハー・ヒンメルライヒ・リースリング・シュペトレーゼ'15 グラーハー・ヒンメルライヒ・
リースリング・シュペトレーゼ'15

(VDPグロースラーゲ:シュペトレーゼ/白・中甘口)

60年以上の古樹を使用。急斜面のため、収穫をはじめ畑仕事はすべて手作業。発酵は果皮といっしょに浸け込むことで酸味を抑え、まろやかなストラクチャーをワインに与えています。白桃、アンズ、レモン、パイナップルの香りに、ミネラルと果実味が合わさったなめらかでバランスの良い味わい。数十年の熟成にも耐えうるポテンシャルを持っています。
【品種】リースリング100%


2014年ノーベル平和賞の晩餐会で供されたモーゼル“天国の畑”のワイングラーハー・ヒンメルライヒ・リースリング・シュペトレーゼ'15

グラーハー・ヒンメルライヒ・リースリング・シュペトレーゼ’15

2014年ノーベル平和賞の晩餐会で供されたモーゼル“天国の畑”のワイン

税別¥5,000

7,000円(税別)以上で送料当社負担

バリエーション画像


お届け予定日

2018年12月21日(金) 前後

数量
欲しいものリストに入れる
よりどりまとめ買い
<ドイツ屈指の高品質リースリング>S.A.プリュム醸造所
1911年、セバスティアン・アロイス・プリュムが設立。
モーゼルワインの重鎮プリュム一族のワイナリーです。
一族は1156年から、モーゼル川中流でワイン造りを行ってきました。
1971年にワイナリーを引き継いだ、孫で現当主のライムントは受け継いだ畑を守る一方で、設備の近代化を押し進め、世界に認められるワイン造りにいち早く成功。
ゴー・ミヨによる「ドイツ・ワインガイド」では3つ星を獲得し、“プリュム=ハイクオリティ”という信頼を不動のものにしています。

<高品質ワインの証VDPマーク>
ドイツワインにはVDP(ファウ・デー・ペー)という、100年以上の歴史を持つ民間団体があります。
日本では、「ドイツ高級ワイン生産者連盟」「ドイツ優良醸造者連盟」と呼ばれ、ドイツのワイナリーの中でも卓越した生産者の集まりです。
加盟数は現在およそ200。
VDPのぶどう畑は全体の約5%、生産者はわずか0.2%という希少価値の高いワインになります。
環境への配慮、伝統的な製法の順守など、厳しい条件を満たしたワイナリーだけが加盟できるため、優良なドイツワインを見分ける基準にもなっています。

<ノーベル賞の晩餐会のワインはどう決まる?>
平和賞が行われるノルウェーは、アルコールの取締まりがとても厳しい国。
ビールなどのアルコール度数の低いものはスーパーなどで買えますが、ワインや蒸留酒は専売公社が管理、販売しています。
したがって晩餐会で供されたワインも専売公社によるセレクトです。
祝席なのでシャンパーニュは欠かせませんが、ボルドーの格付けシャトーは必ずしも登場しません。
旧世界、新世界問わず、“知る人ぞ知る”銘醸ワインが振る舞われます。

●グラーハー・ヒンメルライヒ・リースリング・シュペトレーゼ’15
(VDPグロースラーゲ:シュペトレーゼ/白・中甘口)
[リースリング100%]
60年以上の古樹を使用。
急斜面のため、収穫をはじめ畑仕事はすべて手作業。
発酵は果皮といっしょに浸け込むことで酸味を抑え、まろやかなストラクチャーをワインに与えています。白桃、アンズ、レモン、パイナップルの香りに、ミネラルと果実味が合わさったなめらかでバランスの良い味わい。
数十年の熟成にも耐えうるポテンシャルを持っています。

◎中甘口
◎特級畑
■750ml

(株)ベルーナは通信販売酒類小売業免許を付与されています。
※未成年者の飲酒は法律で禁止されています。

申込番号:NE230-7781690
最近チェックした商品
 
 
 
カートに入れました
   
  商品名  
グラーハー・ヒンメルライヒ・リースリング・シュペトレーゼ’15
   
  数 量  
   
カートに入れられません


申し訳ございません、お選びいただいた商品は売り切れです。


閉じる
処理中です
しばらくおまち下さい。

欲しいものリストに追加しました
  商品名  
グラーハー・ヒンメルライヒ・リースリング・シュペトレーゼ’15
閉じる 欲しいものリストを見る
欲しいものリストに追加できませんでした
閉じる