マイワインクラブ > 自慢したくなるワイン

銘醸地ボルドー グレートヴィンテージワイン

隣の畑は超高級グランヴァン!
なのに価格は数分の一!ワイン通垂涎のテロワールを堪能できるハイコスパ・ワイン

一歩隣は価格10倍のシャトー・ムートンの畑

ムートンのすぐ隣の畑から造られる、ムートンの1/10の値段のワイン「シャトー・トゥール・ド・ロック・ミロン」。手がけるのは、1700年からポイヤックでワインを造り続けているペロニー家。先代の曾祖父はラフィットで、先代の妻の曾祖父もムートンでそれぞれマネージャーを務めたという由緒ある一家です。
ペロニー家はムートンの隣のほかに、ラトゥールとピション・ラランドの間(元々はラトゥール所有)、ランシュ・バージュの隣にも畑を所有しています。畑は中世以来、ポイヤックのシャトー主たちが買収劇を繰り広げてきました。しかし1930年代、ポイヤックのワイン商ロベール・ペロニーが畑を購入。存続の危機に瀕し、競売にかけられる運命にあったシャトーの再生に乗り出します。以降、複雑に入り組む多くのシャトーからその畑を渇望されながらも、伝統的な家族経営を貫いています。

シャトー・トゥール・ド・ロック・ミロン’11

ついに見つけた!
あのムートンの隣の畑のぶどうから造られた秘蔵ポイヤック!

シャトー・トゥール・ド・ロック・ミロン’11

(ACポイヤック/赤・FB)

5,000円(税込5,400円)

送料無料

> 詳しくはこちら

ナパの一等地!名だたるカルトワインとテロワールを
分かち合う絶好のロケーション

 スワンソン・ヴィンヤーズのメルローの畑が、オーパス・ワンのメルローの畑とナパ・リバーをはさんで隣同士。メルローの栽培に理想的なテロワールを共有し、スワンソンはナパ・メルローの先駆者といわれています。
そのほかに、オーパス・ワンよりも毎年高評価を受けるドミナスや、ナパ・カベルネの巨匠と称されるケイマス、カリフォルニア最強のカルトワインと呼ばれるスクリーミング・イーグルなど、錚々たるワイナリーたちが至近距離にあります

スワンソン・ヴィンヤーズ・メルロー’12

ナパの一等地!
なんと向かいはオーパス・ワン

スワンソン・ヴィンヤーズ・メルロー’12

(AVAナパ・ヴァレー/赤・FB)

3,980円(税込4,298円)

> 詳しくはこちら

あのラフィットが手掛けた!
プレミアムなポルトガルワイン

ワインの造り手であるキンタ・ド・カルモ(カルモの荘園。キンタは荘園という意味)は、ポルトガルの首都リスボンから200㎞ほど東に行ったアレンテージョ地方にあります。300年以上の由緒あるこのキンタを、ラフィットの総帥エリック・ロートシルト男爵が1992年に購入。この土地の持つ大きな潜在能力に着目し、アレンテージョの伝統と、フランス品種、ラフィットのワイン文化を融合させるべく、新しい挑戦に取り組みました。
そして、海外部門の技術責任者であるクリスチャン・ル・ソメ(シャトー・ラトゥールの前総支配人)を派遣し、彼の指導の下でキンタ・ド・カルモの再生が始められました。ぶどう畑ではさまざまな分析を行い、アラゴネス(テンプラニーリョと同種)、アリカンテ・ブーシェ、トリンカデイラなどのポルトガルの伝統品種に加え、カベルネ・ソーヴィニヨン、シラーなどのフランス系品種を植えました。醸造には、温度コントロール可能なステンレスとコンクリート製の発酵槽を導入し、新樽も使用。ポルトガルの風土とラフィットの技法が、まったく新しい洗練されたワインを生み出しました。2008年には、1922年創業のポルトガルの名門ワイナリーであるバカリョア社がすべての畑を取得。バカリョア社の主力人気商品になっています。畑はセラ・ドッサ山麓に近い谷にあり、気候は地中海性と大陸性が混ざり合っています。夏暑く、雨の少ないテロワールがぶどうの生育に理想的で、エレガントで凝縮感のあるワインになります。収穫は9月中に行われ、アラゴネスとトリンカデイラは第2週目ぐらいに、アリカンテ・ブーシェ、カベルネは最終週あたりに収穫され、温度管理の中で品種ごとに発酵。その後、フランス製オーク樽で12ヵ月熟成されます。

訪問すべき世界最高のワイン産地アレンテージョ

2014年、アメリカで有力紙『USAトゥデイ』が「訪問すべき最高のワイン産地」の読者投票を実施。そこで1位に選ばれたのが、キンタ・ド・カルモの産地アレンテージョでした。2位はカナダのブリティッシュ・コロンビア州のオカナガン・ヴァレー、3位はチリのマイポ・ヴァレーでした。ワインの教育者、バイヤー、専門家たちが20の候補地を選定し、読者が4週間にわたって投票。なんと、10位以内の半数以上がニューワールドでした。

ワイン評論家ジャンシス・ロビンソンがポルトガルワインを絶賛

イギリスの女性ワイン評論家ジャンシス・ロビンソンには、著書『テイスト・オブ・ベスト ポルトガル・テーブル・ワイン』があるほど、「古くて新しい、今もっともアツいワイン産地」と評して、ポルトガルワインを絶賛しています。また彼女は、世界的な傾向として「ローカル品種への回帰」を強調。「今、世界の消費者はどこでも栽培され造られる国際品種のワインを飲むのに飽きている。それぞれの国や地方独自の品種のワインの販売が流行してきた。ポルトガルは固有品種の宝庫なのだから、これを好機と捉えるべき。ポルトガルは他の国で造られるものをコピーする必要はない」と語っています。

キンタ・ド・カルモ’13

あのラフィットが手がけた、
プレミアムなポルトガルワイン

キンタ・ド・カルモ’13

(DOPアレンテージョ/赤・FB)

3,380円(税込3,650円)

> 詳しくはこちら

シャトー・ラフィット・ロートシルト’13

最高峰5大シャトー筆頭に君臨する本家
シャトー・ラフィット・ロートシルト

シャトー・ラフィット・ロートシルト’13

(ACポイヤック:第1級グラン・クリュ/赤・FB)

65,800円(税込71,064円)

送料無料

> 詳しくはこちら

入手困難なブルゴーニュ
名門アペラシオン マニアな愛好家も一瞬にして納得!

飲む宝石が生まれる地 ヴォーヌ・ロマネ レ・ショーム

“ブルゴーニュのネックレスの真ん中の真珠”と称される、ヴォーヌ・ロマネ村。
ワイン飲みなら一生に一度は口にしてみたい世界一高額なワイン、ロマネ・コンティの畑を擁する村です。
ご紹介する一級畑のレ・ショームは、通りをはさんで北側にあのドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社が独占で所有する特級畑ラ・ターシュが広がるエリア(右地図参照)。面積はわずか0.37ha(東京ドームの1/12以下)で、生産量はごくわずかに限られています。さらに、樹齢90年以上の古樹が多く、ぶどうは1本の樹に2〜3房しか実らず、より凝縮された果実を収穫できます。

ヴォーヌ・ロマネ・レ・ショーム’06
ピエール・オリヴィエ

飲む宝石が生まれる地
一級畑ヴォーヌ・ロマネ レ・ショーム

ヴォーヌ・ロマネ・レ・ショーム’06
ピエール・オリヴィエ

(ACヴォーヌ・ロマネ:プルミエ・クリュ・レ・ショーム/赤・FB)

15,800円(税込17,064円)

送料無料

> 詳しくはこちら

世界に冠たる白の王様 コルトン・シャルルマーニュ

世界屈指の辛口白ワインとして名高い、コルトン・シャルルマーニュ。 この特級畑を擁するのは、アロース・コルトン村です(コルトン・シャルルマーニュの畑は、隣接するラドワ・セリニィ村、ペルナン・ヴェルジュレス村にまたがる)。畑は村の北側にあるコルトンの丘の西側の斜面、標高およそ300mにあります(東は赤の特級畑コルトン)。 ブルゴーニュの特級畑としてはもっとも高い位置にあり、石灰岩の白い土壌です。その特級畑を取り囲むように一級畑が広がり、またその周囲に村名畑があります。
生産者 ティボー・ド・プラニオール
およそ1.3ha所有する特級畑には、平均樹齢40年以上のシャルドネが植えられています。 土壌は1億6610万年前にさかのぼるカローブ期の石灰質で、シャブリのキンメリッジ期よりも、880万年も古い計算になります。 ワインはライトローストした新樽で発酵され、ミネラル感を最大限に引き出し、12ヵ月間澱とともに寝かされます。清澄・濾過をせずに瓶詰めされ、15〜20年の熟成のポテンシャルを備えています。

コルトン・シャルル・マーニュ’09ティボー・ド・プラニオール

世界に冠たる白の王様
グラン・クリュ特級畑コルトン・シャルルマーニュ

コルトン・シャルル・マーニュ’09
ティボー・ド・プラニオール

(ACコルトン・シャルルマーニュ:グラン・クリュ/白・辛口)

12,800円(税込13,824円)

送料無料

> 詳しくはこちら

ミシュラン星付きの名店の御用達
我が家のテーブルにも星を付けたくなるとっておきのワイン

ミシュラン・ガイドとは

フランスのミシュラン社から出版されるガイドブックの総称で、代表的なものがレストランの評価を星の数で表わしたレストラン・ホテルガイドです。装丁が赤いことからレッド・ミシュランとも呼ばれます。さまざまな各国版があり、合計で年間約100万部を販売。
【星による評価】
1つ星…そのカテゴリーで特に美味しい料理
2つ星…遠回りしてでも訪れる価値がある料理
3つ星…そのために旅行する価値がある卓越した料理

ジョエル・ロブション

15歳で料理の道に入り、1976年にフランスの国家最優秀職人章(MOF)の資格を取得。
1981年に独立してレストラン「ジャマン」を開店(後に店名を「ジョエル・ロブション」に改める)し、現在に至ります。1990年代以降はフランス国外での活動が盛んで、日本のフレンチ業界にも多大な影響を与えました。
現在世界11ヵ国に店舗を持ち、『ミシュラン・ガイド』で総数28個の星を獲得しており、“世界一星を持つシェフ”として知られています。日本には東京に6店舗あります。

メドック超高評価クリュ・ブルジョワドメーヌ・ローラン・ド・ビィ飲み比べ3本セット 第2弾

フレンチの神様ジョエル・ロブションのレストランで
採用されたトゥール・セラン入り

メドック超高評価クリュ・ブルジョワ
ドメーヌ・ローラン・ド・ビィ飲み比べ3本セット
第2弾

1本あたり約3,667円(税抜)

11,000円(税込11,880円)

送料無料

> 詳しくはこちら

ジョルジュ・ブラン

ボジョレーのマコン近郊、ヴォナ村にあるレストランで、ジョルジュの曾祖母が始めたもの。1929年に1つ星、1933年に2つ星を獲得しています。
1943年に生まれたジョルジュは25歳から料理の道に入り、1981年に38歳の若さで3つ星シェフに。フランスの権威あるレストランガイド『ゴー・ミヨ』でも、史上初の20点満点中19.5点という高得点を受け、フランス屈指の有名シェフとなりました。

メゾン・ラムロワーズ

 ブルゴーニュのボーヌ近郊、シャニー村にあるレストランで、1921年に開店。当初から星を獲得し続け、3代目のジャック・ラ ムロワーズが32歳でシェフとなった1979年に、初めて3つ星に輝きました。現在はシェフのエリック・プラ(写真)と、ジャックの甥であるフレデリック・ラミーに受け継がれています。エリックは2004年にフランス国家最優秀職人章(MOF)を取得し、引退したジャックに代わり2009年からラムロワーズの総料理長になりました。

ドメーヌ・ピロン

クリュ・デュ・ボジョレーの中でもっとも力強く長熟型といわれるモルゴンで、1590年に設立されたドメーヌ。 14代にわたり受け継がれ、現当主がドミニク・ピロンです。“モルゴンのスペシャリスト”と称され、そのほかにも手がけるブルイィ、シェナス、ムーラン・アヴァン、サンタムールなどの村名 ワインや、ボジョレー・ヴィラージュ、白やロゼもパーカーポイントの常連となっています。平均樹齢50年、50haある畑は花崗岩質土壌で、ワインに緻密さ、フルーティーさ、エレガントさを与え、テロワールを活かしたボジョレーのプライドを強く感じられるワインになっています。ドミニクは、「同じボジョレーでも、ヌーヴォーとはまったく別物。ヌーヴォーは、ボジョレー のほんの一部にしか過ぎない。歴史と伝統に培われたクリュ・デュ・ボジョレーをぜひ味わってほしい。ガメイ種は果実味を表現する素晴らしい力があると同時に、骨格のしっかりとしたワインになります」と語り、ガメイの持つ熟成のポテンシャルを、消費者だけでなくワインのプロたちにももっと広めたいと、日々奮闘しています。

ミシュランガイド星付レストラン採用ワイン
クリュ・デュ・ボジョレー3村飲み比べ3本セット

ミシュラン3つ星レストランが採用!
ドメーヌ・ピロン渾身のクリュ・デュ・ボジョレー3村

ミシュランガイド星付レストラン採用ワイン
クリュ・デュ・ボジョレー3村飲み比べ3本セット

1本あたり2,660円(税抜)

7,980円(税込8,618円)

送料無料

> 詳しくはこちら

世界のセレブリティが愛飲するワイン
大スターのお気に入りを自宅で楽しむ!

ポール・マッカートニーご指名のウエディング・シャンパーニュ!
数々のワイン評価誌でも大絶賛!!

2011年10月、ポール・マッカートニーの結婚式。そのウエディング・パーティーでサーヴされたシャンパーニュが、ポールが日頃から愛飲していて、自身が選んだデュマンジャンです。造り手は、17世紀からモンターニュ・ド・ランスのシニィ・レ・ローズ村で5世代続く名門メゾン。
アシェット・ガイド、ワイン・スペクテーター、ワイン・エンスージアスト、ジルベール&ガイヤール・ワイン・ガイド、デキャンターなど、数々のワイン評価誌で高い評価を得ています。その人気と高評価の秘密は、贅沢に60%も含まれる豊富なヴァン・ド・レゼルヴ(※)。しかも各国から注文が入ってから澱抜きをする徹底したこだわりを持っています。 (※)調合用に保管されている非発泡性のワイン。異なるヴィンテージ、ぶどう品種、畑ごとに分けられ、ステンレスタンクや木樽で保存されています。

デュマンジャン・プルミエ・クリュ・グラン・レゼルヴ・ブリュット

ポール・マッカートニーご指名のウエディング・シャンパーニュ!
数々のワイン評価誌でも大絶賛!!

デュマンジャン・プルミエ・クリュ・
グラン・レゼルヴ・ブリュット

(ACシャンパーニュ:プルミエ・クリュ/赤・FB)

5,000円(税込5,400円)

送料無料

> 詳しくはこちら

ジョージ・クルーニーが結婚式を挙げたホテルで供されるフランチャコルタ

イタリア好き、ワイン好きで知られるジョージ・クルーニー。ロンバルディア州のコモ湖に超豪華な別荘を持っていて、家族や大勢の友人とともに休暇を過ごす様子をよくパパラッチされています。そんな休暇に欠かせないワインが、イタリアが誇る瓶内二次発酵のスプマンテ、ロンバルディア州のフランチャコルタ。
そして、2014年にジョージが結婚式を挙げた「アマン・カナル・グランデ・ヴェニス」でサーヴされているのが、カ・ドルのフランチャコルタです。イタリア国内の5つ星高級ホテルやミシュラン星付きレストランには、軒並みオン・リストされています。ご紹介するノーブル・キュヴェはシャルドネとピノ・ネロ(ピノ・ノワール)から造られ、熟成期間は30ヵ月。長く澱と接することによって生まれる多彩なアロマが魅力で、さまざまなニュアンスがハーモニーとなって豊かな味わいのワインとなっています。

カ・ドル・フランチャコルタ・ノーブル・キュヴェ

ジョージ・クルーニーが結婚式を挙げた
ホテルで供されるフランチャコルタ

カ・ドル・フランチャコルタ・
ノーブル・キュヴェ

(DOCGフランチャコルタ/赤・FB)

4,680円(税込5,378円)

> 詳しくはこちら

プリムールで買い付けた
最高峰のワインを特別価格で!

ボルドーで極める白の芸術 シャトー・オー・ブリオン

3haにも満たない畑で生まれる、ボルドーでもっとも希少かつ高貴な白ワイン
19世紀にオーナーだったラリユー家が抱いた、「甘口ワインのように最高に甘美なアロマを持つ辛口白ワインを造る」という夢に基づいて造られ始めました。
年間生産量はわずか5000〜7000本。オークの新樽で9〜12ヵ月間熟成させ、仕上げられます。 土壌の表面は砂礫と小石質、基底部は粘土を含む砂質という独特のテロワールで育った完熟のぶどうを使用。セミヨンとソーヴィニヨン・ブランのブレンドで、凝縮された味わいと深みを持つワインになっています。
ボルドーの白ワインというと、軽快な淡麗辛口をイメージされますが、オー・ブリオン・ブランはまったく違います。ブルゴーニュやアルザスのグラン・クリュを思わせる香り高さと複雑さがあり、舌をやさしく包み込むなめらかな口当たり。セミヨン種がまろやかさを、ソーヴィニヨン・ブランがフルーティーな爽やかさを演出し、ロバート・パーカーも「グラーヴで最上の白ワイン」と評価しています。プリムールでは、ボルドーの白の最高値が付けられ、文字通り最高峰のワインといえます。

シャトー・オー・ブリオン・ブラン’13

シャトー・オー・ブリオンの
孤高なる世界

シャトー・オー・ブリオン・ブラン’13

(ACペサック・レオニャン/白・辛口)

138,000円(税込149,040円)

送料無料

> 詳しくはこちら

2013ヴィンテージ
冬と春の気温の低さによる開花の遅れ、暑く雨の少ない夏、9月は湿気によるカビなど、天候不順の年でした。しかし、収穫を短期間で一気に行い、例年以上に厳しい選果を行った生産者は、その分さらに磨きのかかった素晴らしいワインを造ることができました。

ロバート・パーカーのテイスティング・コメント
2013年を代表する辛口白ワイン。
新樽で熟成させたにもかかわらず、時間の経過を感じさせない、レモン・オイル、オレンジの花、スイカズラ、イチジク、グレープフルーツなどのあふれんばかりのアロマ。広大で濃密なフルボディで、フレッシュ感のある余韻が長く続く。30年の熟成にも向く。

シャトー・オー・ブリオンは5大シャトーの中でもメルローの比率が高く、早熟で外向的といわれています。しかしワインが軽いのではなく、より肉厚なタンニンのメドックや、メルローが主張的な右岸のワインとは個性を異にするということです。早いうちから楽しめるにもかかわらず、30年以上の熟成ポテンシャルを持ち、5大シャトー随一の長い飲み頃期間を誇ります。
パーカーをして“ostentatious(これ見よがし)”と表現される華々しいブーケ。洗練されたフィネスの中にはっとさせるほどの野趣が見え隠れする、見事なバランスが特長です。

シャトー・オー・ブリオン’13

【ペサック・レオニャン】
ボルドー第1級シャトー

シャトー・オー・ブリオン’13

(ACペサック・レオニャン:第1級グラン・クリュ/赤・FB)

50,800円(税込54,864円)

送料無料

> 詳しくはこちら

ロバート・パーカーのテイスティング・コメント
オー・ブリオンらしいクラシックな味わい。
赤や黒のスグリの香りに、アジアのプラム、燃やした土や木のニュアンス。
きめ細かく練れたタンニンが心地良く、酸味もほど良い。贅沢な中重口で、スタイリッシュな印象を受ける。


ご利用ガイド

| 配送料金について

| クール代について

閉じる