お客様がご利用のパソコンは、ベルーナネット推奨環境ではございません。
メニューから「ツール(T)」 > 「インターネットオプション(O)」 > 「セキュリティ」タブを押し、
「すべてのゾーンを既定のレベルにリセットする。(R)」をクリックして「OK」ボタンを押してください。
(詳しくはヘルプをご覧ください。)

My Wine CLUB今週のおすすめワイン >ローヌ地方金賞赤6本セット

◆グッズで探す

◆人気のコンテンツ

  • ソムリエ講座
  • 【初回タンブラープレゼント】本格ドイツビール(ブロイベルグ・プレミアムピルス) 1ケース(330ml×24缶)定期コース
  • ワインに合うグルメ
  • ワインセラー特集

◆メルマガ登録

  • メルマガ登録
  • メルマガ登録はこちら

◆キャンペーン

5大シャトープレゼント
ギフピー500円分プレゼント
ロバート・パーカー

◆重要なお知らせ

親しみやすい果実味とタンニン!すべて金賞で楽しむローヌ入門編 ローヌ地方金賞赤6本セット ご購入はこちら フランス/ローヌ

フランス/ローヌ フランス第三の巨人 ローヌ
 ボルドー、ブルゴーニュに並び、フランスワインの御三家と称されるローヌ。ぶどう畑は、南北約200kmにわたるローヌ川両岸の渓谷に広がっています。ローヌ川は歴史的にも重要な交易路で、ぶどう栽培はローマ文化とともに、地中海からこのローヌ川をさかのぼり、北に広がった歴史を持っています。
 ローヌで造られるAOCワイン、IGPワインの生産量はどちらも国内第2位。
 北部の上流は険しい斜面に始まり、高原、平野と続き、南下していきます。ぶどうが健康に育つ日照に恵まれたローヌ川沿いの道は、通称「ルート・ド・ソレイユ(太陽の道)」。産地は南北に長いため、テロワールとワインの個性は南北ではっきりと分けられます。

ローヌの景観
斜面と単一品種の北ローヌ

 北ローヌは夏暑く、冬寒い大陸性気候で、雨は定期的に降ります。ローヌ川沿いの幅が狭い急斜面にぶどう畑が連なり、地理的に非常に範囲の限定されたクリュがひしめき合っています。土壌は中央産地からの花崗岩と川からの沖積土。支流のドローム川沿いは粘土石灰質土壌となり、良質な発泡ワイン「クレレット・ド・ディー」の産地となっています。
斜面と単一品種の北ローヌ  北ローヌのワインの特徴は、赤はローヌが原産のシラー主体(80%以上)。やわらかさを与えるため、白品種のブレンドが一部認められています。白はヴィオニエ100%。世界一のシラー、世界一のヴィオニエは北ローヌにあるといってもよいほど、ローヌを代表する重要品種となっています。赤ワインの主産地では、ルーサンヌとマルサンヌのブレンドとなっています。南寄りでは、クレレットを使って発泡ワインが造られます。

石ころとブレンドの南ローヌ

 南ローヌは夏暑く、冬は乾燥する地中海性気候で、通年雨が少なめです。畑は緩やかな起伏の土地に広がっています。アルプス山脈から地中海に吹く局地的な北風「ミストラル」が畑を乾燥させ、ぶどうの実を小さくして風味を凝縮させます。「ガレ」という大きな丸い石に覆われた砂岩質土壌は、昼に蓄えた太陽の熱を夜に放射する利点があります。
石ころとブレンドの南ローヌ  白ワインの品種・ルーサンヌとマルサンヌはローヌから南フランス全域にかけて、世界的に有名な一大産地となっています。
 北ローヌが主に単一品種なのに対し、南ローヌは多品種ブレンドが義務付けられ、それどころか単一ではアペラシオン認定されません。10品種以上のぶどうでワインを造ることもめずらしくなく、ヴィンテージごとに使用品種や比率が変わるのが真骨頂です。

主なぶどう品種
セット内容はこちら!
シェフ・ドーブル’15

やさしく主張する果実の甘味を、少々強めの酸が上手に包み込み、タンニンの甘苦さときれいにバランスをとっています。
ぶどう品種:シラー60%、グルナッシュ40%

プロメッス’15

若々しい酸味と甘味はもぎたてのフルーツのようなはっきりとしたストラクチャーを感じさせ、旨味もスムーズに流れていきます。
ぶどう品種:シラー60%、グルナッシュ40%

グラン・セップ’15

柑橘系の酸を含んだ果実の甘味が広がる中に渋味が加わり、生き生きとしたバランスのとれた旨味となっています。
ぶどう品種:グルナッシュ70%、シラー15%、メルロー10%、サンソー5%

コント・ド・シラク’15

果実の甘味が酸味とタンニンの中に包み込まれています。フルーティーな中にスパイシーさが心地良く出ています。
ぶどう品種:グルナッシュ70%、シラー15%、メルロー10%、サンソー5%

レシタル’15

果実の甘味を中心に、酸とタンニンがうまくバランスをとっています。全体的にやわらかで心地良い味わいが充分に楽しめます。
ぶどう品種:グルナッシュ70%、シラー30%

コント・ド・ジョリメ’15

酸味とタンニンがしっかりと感じられ、こなれた果実の甘味とタンニンの渋味が溶け合い、豊かな甘苦い味わいとなっています。
ぶどう品種:グルナッシュ70%、シラー30%

ローヌワインの名脇役ヴァントゥー

ローヌワインの名脇役ヴァントゥー

 南ローヌの地区名アペラシオン。北は「プロヴァンスの巨人」と呼ばれる標高1,909mのヴァントゥー山の麓から、南はヴォクリューズ高原まで、約6,400haの広大なぶどう畑が丘陵地帯の52村にまたがって広がっています。
 1973年にAOP昇格し、2008年から現在の名称に変わりました。ローヌを代表するワイン量産地区ですが、近年品質が目覚ましく向上。また、名門の造り手も多数進出しており、見逃せない新興産地となっています。

ローヌ地方金賞赤6本セット